本文へスキップ

きみの笑顔に会えるまち

トップ > 春夏秋冬 > 櫛形山

春夏秋冬

櫛形山




「櫛形山」は、甲府盆地の西に位置する、標高2,052mの山。
櫛を伏せたような形をしていることからその名がつきました。

登山道がいくつもあり、難易度や所要時間によってコースを選ぶことができます。

また、登山道途中からは、富士山や白峰三山などの展望がよく、秋には唐松の紅葉が楽しめます。

トレッキング
半日コース
(3〜4時間)
池の茶屋登山口スタート → 櫛形山山頂 → 裸山山頂 → 原生林 →
アヤメ平 → バラボタン平 → 櫛形山山頂 → 池の茶屋登山口ゴール
1日コース
(7〜8時間)
南尾根登山口スタート → ほこら → バラボタン平 →原生林 →
アヤメ平 → 裸山山頂 → バラボタン平 → ほこら → 南尾根登山口ゴール


 ○ 池の茶屋登山口から登り、南尾根登山口に下りることもできます。(所要時間は5時間程度)
 ○ 両登山口には、車の駐車スペースがございます。


櫛形山のアヤメについて
 櫛形山の名物でもあったアヤメの群生は、
 鹿の食害により、現在は見ることができません。
 .
 県や町、ボランティアの人々が協力し、
 アヤメを守るための柵の設置や種まきなど、
 アヤメを蘇らせるための活動を行っています。
 .
 櫛形山には、アヤメ以外にも600種類以上もの
 植物が自生していますので、
 是非遊びにいらしてください。
 

櫛形山の風景


 
           【登山道】                       【登山道からの景色】

 
        【道しるべもあります】                 【櫛型山から見た富士山】


お問合わせ


○櫛形山に関するお問合わせ
    富士川町役場 商工観光課 0556-22-7202 (平日9:00〜17:00)

○林道に関するお問合わせ
    山梨県 治山林道課 施設管理担当 055-240-4148